ようこそ、福島大学人間発達文化学類住居学研究室
sorry, japanese only

ホームページ閉鎖のあいさつ


 これまで20年以上にわたり、「福島大学住居学研究室」のホームページを運営してきましたが、この2017年3月末で閉鎖することとなりました。直接の原因は、これまで使用してきた大学のサーバーが停止されることです。もちろん、大学の情報処理センターにあるサーバーに移転する方法もありましたが、定年後再雇用による「特任教授」の期間が1年しか残されていないので、この機会に外部のレンタルサーバーに移ることとしました。
 これまで「福島大学住居学研究室」として提供してきた内容の多くは、「ドイツと日本のまちづくり」に移して継続します。まちづくりに関する新しい資料も提供していく予定ですので、よろしくお願いします。このページ、あるいは子や孫ページにリンクを引かれている方は、「リンク切れ」にならないような対処をお願いします。(2017.03.18)

ここは「すまい」と「まちづくり」を考えるページです


キーワードドイツ、都市計画、地方分権、日照、路面電車大型店、住民参加、住民投票、地球環境

更新情報

内容一覧

ドイツまちづくり情報 および 別館
「ドイツまちづくりQ&A」や、「Bプランいろいろ」、「ドイツのFプランと日本のマスタープラン」、「ドイツ建設法典」、「ドイツ留学日記から」、そしてドイツへのリンク集などがあります。

線引きとスプロール(2009.04.18更新)

都市マスタープラン成立への経過(1999.02.05更新)

建築規制と日照問題(2003.08.30更新)

まちづくり裏表事典(2002.03.16更新)

東日本大震災後の福島市民生活 (2012.05.29更新)
海岸から遠く離れている福島市は、「東北地方太平洋沖地震」による東日本大震災では大した被災地ではありません。しかし、それでも生活にいろいろな影響が生じました。

放水路工事:大川小学校事故検証委員会が無視したもの (2016.12.28更新)

別館

ドイツと日本の
まちづくり
市街化区域農地への課税問題
三大都市圏とそれ以外で制度が異なりますが、いずれも違憲の疑いを拭えません。

農地課税が100万戸以上の空き家を生む
宅地評価による重税が農家を苦しめ、結果的に空き家率を押し上げています。

固定資産税と空き家問題
空き家撤去が進まない背景とされている住宅の固定資産税を考えてみましょう。

「すまい」と「まちづくり」のリンク(2013.11.11更新)

授業「生活情報処理」のために作成した ホームページの作り方
授業でホームページを扱う関係から、ネット上でホームページ作成の説明を行なうことにしました。学生用のページですが、何か参考になる点もあるかもしれません。

  研究室の住人たち 


福島大学ホームページへ人間発達文化学類ホームページへ

free このページへのご意見は、右のアドレスまでお寄せ下さい。リンクはフリーですが、事後的に「メール」か「訪問者リスト」でお知らせ下さるとありがたく思います。